IoTクラウドベーシックセット

デバイスやモバイル・インターネット回線、サーバといった、ビジネスに直結しない不確定要素が払拭済の、
今日からIoTが始められる研究・検証に適したパッケージ。

IoTスタッフに問い合わせる セミナーを確認

IoTクラウドベーシックセットとは

IoTプロジェクトを実際にスタートさせるにあたっての様々なハードルを解決します。
IoTに必要な要素を全てパッケージングすることで、低コストかつ短期間での導入が可能です。また、利用可能なセンサーやアプリケーションなどはそれぞれ独立しており、検証後実運用に向けて多様なセンサーを追加したりアプリケーションを独自に開発したりなど、様々なカスタマイズが実施できます。

IoTクラウドベーシックセット 製品構成

センサー
2種センサー内蔵型ビーコン

富士通コンポーネント社製のセンサー内蔵ビーコンを採用。
加速度、及び温度を計測できるセンサーを搭載し、Bluetooth 4.1 (シングルモード)にて通信を行います。 製品写真 »

ゲートウェイ
PD Emitter 搭載

OpenBlocks IoT BX1PD Emitterを搭載。
IoTデバイスからデータを受け取り、クラウドサーバーへデータを送信します。極小サイズで設置場所に困らず、3G・Wi-Fi通信やBluetoothなどの無線通信モジュールを内蔵しており、クラウドサーバーとの通信を容易に実現します。製品写真 »

通信回線
NTT ドコモ FOMA

NTTドコモの通信用SIMを採用。
ゲートウェイとクラウドの通信を、日本全国をカバーするNTTドコモの「FOMA」エリア内で行うことが出来ます。
※通信回線は株式会社NTTドコモとご契約いただく必要があります。

クラウドサーバー
PD Exchange 搭載

センサーのデータ受信や蓄積などを行うためのクラウドサーバーにAmazon EC2 を採用し、PD Exchangeを搭載。
センサーとアプリケーション間のデータ交換を行い、さらにアプリケーション開発も自由かつ容易に行う事が可能です。

分析アプリ
PD View Lite

当パッケージに含まれている温度センサーや加速度センサーを可視化するアプリケーションで、データの変化を時系列でグラフ表示させ、閲覧する事が可能です。スクリーンショット »

クラウドサーバーのご利用期間に応じて変動致します。

ご利用期間 価格(円)(税抜)
3ヶ月間 98,000
6ヶ月間 128,000
12ヶ月間 148,000