IoTデバイス & アプリケーション間
データ交換クラウドサービス / サーバソフトウェア

PD Exchange

IoTアプリケーション開発における共通機能「IoTデバイスからのデータ集約」と「IoTデバイスへのコマンド送信」に特化した、データ交換サーバソフトウェア及びクラウドサービスです

アーキテクチャ API操作例 APIドキュメント クイックスタートガイド FAQ 更新履歴 資料 価格

IoTスタッフに問い合わせる セミナーを確認

PD Exchangeの役割

PD Exchangeの柔軟な配信機能を活用すると、例えばデータとして温度と湿度が同時に送られてきたものをそれぞれ別のアプリケーションに配信することや、一方のアプリケーションには温度だけ、他方のアプリケーションには温度と湿度の両方を配信することも簡単に実現でき、独自のアプリケーション構築をスモールスタートで開始できる他、既存の業務用アプリケーションでのデータ活用を容易に実現できます

API Connect
オープン・プラットフォーム

PD ExchangeはREST APIで操作します
動作環境の選択肢が多いため生産性と保守性が高く、また既存ネットワークとの親和性が良いアプリケーションを素早く開発できます
標準的なリクエスト&レスポンス型APIの他、データの着信を基に即時配信を行うリアルタイムAPIも標準で利用可能です

Two-way Channel
双方向通信

IoTデバイスからのデータ送信だけでは、IoTの価値も半減します
PD ExchangeはアプリケーションからのコマンドをIoTデバイスに送ることができる双方向通信が可能で、しかも追加費用は一切なく、標準で利用可能です

Security
堅牢なセキュリティ

SSL/TLSによるデータ送受信路の暗号化で盗聴対策は万全です
透過的なメッセージダイジェスト(署名)でのデータ改ざん対策もサポート済。開発者や利用者が意識すること無い、安全なデータ送受信を実現します
データ交換はPD Exchange上の専用チャネルで行われ、チャネル内データは一定期間で完全破棄。潜在的不安を徹底的に排除しています

Analysis
記録と分析も

サービス利用開始直後から使用状況レポートが入手できます
データやレポートはCSV等のレガシーフォーマットによるダウンロードに加えて、管理系APIでのデータ取得も可能です

Cost saving
本当に価値のある開発へ

利用開始までの時間、アプリケーションの開発工数、設備の費用、サービスイン後の運用リソース
これら全てを削減し、IoTビジネスの価値・利益創造をお約束いたします

Anywhere
クラウドもオンプレミスも

パブリック・クラウド・サービスの他、オンプレミス・システムやAWS EC2等のIaaSへインストールして使用することができるライセンスをご用意
既存資産を最大限に活用したIoTビジネスが展開できます
また、PD Exchangeをインフラシステムとして、再販が可能。IoT事業の可能性を広げます

DeID

Plat'Data Processing上においてIoTデバイス識別を行う単位となります
フォーマットはPD独自のものですが、UUIDv4との互換性があり、他のIoTシステムとの親和性があります
また、DeIDはPrefix部とSuffix部に分かれており、Prefix部はPD Exchangeにより管理されますが、Suffix部は独自に設定が可能であり、IPアドレス(ネットワーク部とホスト部)のように管理が可能です

チャネル

PD Exchange内のChannel Exchangerで管理される、IoTデバイス←→IoTアプリケーション間のデータ交換を行うPD Exchange上の仮想回線です
IoTデバイスとアプリケーションの組み合わせ毎に256bitのIDが生成されます

DeIDの匿名化

アプリケーションからは、チャネルIDでのみアクセスが可能であり、DeIDはアプリケーション側に直接晒されることがありません
一見不便ですが、匿名化されていないシステム上でデバイスIDがアプリケーション側から漏洩したケースを考えてみてください
IDの特定は、すなわちデバイス操作を許可したことと同義です。DeIDの匿名化はアプリケーション側におけるセンシティブ情報の保管コストを下げます

データ交換への特化

PD Exchangeはデータ蓄積を行いません
IoTアプリケーションまたはデバイスからのデータ取得を待つために一時保管は行いますが、永続的に蓄積する機能は提供されません
また、いわゆる「キュー」と異なり、データ取得でデータが消えることがありません。データが消去されるのは、データの一時保管期間を経過した場合のみです
購読管理(読み進めた場所の管理)をデータ取得側で行う必要がありますが、その代わり、複数のアプリケーションから独立して読みだす事ができるため、アプリケーションの小型化が可能です

Docker

PD ExchangeはDockerで動きます
動作環境のコンテナ化によって、物理サーバからIaaSまで、同様の環境化でシステム運用が可能となりました
スタートアップ時は余っている物理サーバで開始し、並に乗り始めたらIaaSへ移行といった場合でも、動作環境に関わるコードを一切変更すること無くマイグレーションが可能です
アップグレードも docker pull コマンドによるDocker imageの更新で完全にコントロールできます

PD Exchangeへメッセージを送信

curl -X POST -H "Authorization: Bearer wiXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXba1g" \
   -d "This is text message" \
    https://pd.plathome.com/api/v1/devices/02.351491.00000010/message

"This is text message" というテキスト形式データをDevice ID = 02.351491.00000010 からメッセージとして送信している

PD Exchangeからメッセージを受信

メッセージ1件の取り出し

curl -X GET -H "Authorization: Bearer dXXXXXXXXXf" \
   https://pd.plathome.com/api/v1/channels/fb82XXXXXXXX8d5ed/messages/590XXXXXXXXXX49
>> This is text message

Device ID = 02.351491.00000010 に紐付いたメッセージチャネル fb82XXXXXXXX8d5ed 内のMessage ID = 590XXXXXXXXXX49 を取り出している

着信済メッセージの一覧を表示

curl -X GET -H "Authorization: Bearer dXXXXXXXXXf" \
   https://pd.plathome.com/api/v1/channels/fb82XXXXXXXX8d5ed/messages

Device ID = 02.351491.00000010 に紐付いたメッセージチャネル fb82XXXXXXXX8d5ed に格納されているメッセージ一覧を取り出している

{
  "count": 2,
  "messages": [
    {"msgid": "590XXXXXXXXXX49"},
    {"msgid": "590XXXXXXXXXX11"}
  ]
}

The Benefit of PD Exchange 7:30

PD Exchange内 "Channel mapper" の挙動の説明と、PD Exchangeを利用した場合のIoTアプリケーション開発のしやすさを説明

"PD Exchangeは、なぜデータを蓄積しないのか?" "PD Exchangeを採用するとIoTアプリケーション開発が高速行える理由は?" といった疑問を解消します

PD Exchange install and running on AWS EC2+CoreOS 2:00

PD ExchangeをAmazon EC2上で動かすまでの2分動画

インスタンスの起動時間やダウンロードの時間を除き、全てリアルタイムで録画。本当に一瞬でPD Exchangeが稼働し始める様子を確認いただけます

PD Exchangeの価格は Plat'Data Processing 価格表 をご覧ください

ぷらっとホーム株式会社
営業部
TEL:03-5213-4370
FAX:03-3221-3766
E-MAIL:sales@plathome.co.jp